借金滞納

借金滞納しても助かる手段はあります!専門家の無料相談窓口

借金を滞納しても法律はあなたの見方です

借金滞納

現在、法律は借金をして返済できなくなってしまった人に対して、非常に手厚く保護しています。

 

これはなぜなんでしょうか?

 

それは、手厚く保護しなければ社会が混乱してしまうくらい、返済に困っている人が多いということなのです。

 

右肩上がりの経済のままの構造から、成熟期に入った経済状況に対処しきれずに、その犠牲になった人たちを保護しているのです。

 

ですから、これらの制度を利用するのを躊躇する必要はありません。

 

法律で保護された制度ですから、堂々と利用するべきです。

 

これらの制度を利用して、早く再起することこそが家族や周辺の方々にとっての一番の願いです。

 

まずは、特に借金問題に強い法律家に相談してください。

 

住宅ローンが払えない方必ず救われる方法があると信じています。


滞納者を守ってくれる法律

特定調停
消費者金融などからの借り入れが滞ってしまう場合に利用できる制度です。
基本的には債権者と債務者双方の話し合いによって、返済計画を立て直すことになります。
簡易裁判所で選定された調停委員という人たちが間に入って調整をしてくれます。
調停費用なども安いので、時間があれば自分でやることをお勧めします。

 

個人民事再生
住宅ローンもあり、今後も安定的な収入を見込める人が利用できる制度となります。
住宅を残しながらその他の借金を大幅に減額して、返済計画を立て直すことが出ます。
債権者との合意で計画がたてられるのではなく、裁判所が計画を認めればOKです。

 

自己破産
最終的な清算方法といえると思います。
自宅などの資産を持っている場合は、ほぼ押さえられてしまいます。
借金の相殺と同時に資産もリセットされてしまいます。

ホーム サイトマップ